歯科で矯正する~インビザラインで歯並びをピシっと治す~

歯医者

インビザラインで改善

施術

スポーツ選手の中には、マウスピースを歯にはめて競技に臨む人がいます。例えばボクサーは、頭にヒットしたパンチの衝撃で歯を噛み締めて口の中を怪我したりしないように、歯を覆うマウスピースを付けます。その他にも、マウスピースが活躍する場所があります。ただ、そこで使われる道具は、歯科用語的にはアライナーと呼ばれています。樹脂で出来ていて、透明で薄く、付けても目立たない矯正用のマウスピースです。アライナーを使った歯列矯正は、インビザラインと呼ばれています。その名も「インビザライン・システム」というコンピュータ・システムを活用して行う歯列矯正です。この歯列矯正は、歯の3Dモデルをシステム上に作ることから始まります。作られた3Dモデルは、コンピュータ上で正常な歯並びに戻っていきます。物理的に、どのような流れで歯並びが直っていくかということを、その3Dモデルによって先に見ることが出来るのです。それから、歯科にてアライナーが作られます。透明で目立たない、薄い樹脂で出来たアライナーは、変化する歯並びの形に合わせていくつか作られていきます。矯正を治そうとする人は、時期が来れば新しいアライナーに取り替えて、その時々の変化していく歯並びに合わせて少しずつ、それを治していくのです。矯正というとどうしても時間がかかるのではという人がいます。一般的にインビザラインでは2年から3年ほど矯正に時間がかかるといわれています。

矯正していると分からない

歯

一般的に矯正治療は他の人からの視線を気にして治療しにくいという人も多かったのです。ただ、インビザラインは、マウスピースを活用する治療のため、取り外すことも可能の他、そのマウスピースは透明です。

審美歯科に行こう

笑顔

歯の色や歯並びを改善することが可能の歯科の多くは審美歯科といわれています。矯正治療を行う矯正歯科もあります。審美歯科にて、ホワイトニングを行う人が増えています。

歯の数を保つ

歯

歯の数をどうしても」増やしたいという時はインプラントを行うのも一つの方法です。インプラントを行うことにより自分の歯とほとんど変わらない歯を増やすことが可能といえます。