歯科で矯正する~インビザラインで歯並びをピシっと治す~

歯医者

歯の数を保つ

歯

歯の美しさを考える歯医者さんの処置の中でも、インプラントを使った処置というのは「歯の数」に関するものです。人の口の中で歯の数というのは決まっていて、歯茎が狭かったりすると歯並びが悪くなりますし、充分な広さがある中で一本欠けたりすると全体のバランスがとれなくなってしまったりします。特に後者の問題を解決するのには、欠けた歯を補うものを必要とします。欠けた歯を補う、その治療こそインプラントという器具を使った治療であると言えるでしょう。インプラントは「移植片」と訳される言葉で、歯科で使われるのはネジのような形をした小さなチタン製の金属器具です。移植片というその名の通り、人の身体に埋め込まれて使われるものです。歯を一本欠いてしまった歯並びがバランスを崩すのは、抜けた歯の両脇にある二本の歯が間を埋めるかのように互いに傾いてしまうからです。そこからいくつかの歯が歪んだ形になってしまうことで、数さえ揃っていればちゃんと整列していた歯も、並びが悪くなってしまうのです。インプラントというネジは、抜けた部分の歯茎に埋め込まれて人工歯を支える役割をします。ネジの先が歯茎から出ていて、そこに人工の歯が取り付けられるわけです。ネジ状の移植片は、このとき、歯根(顎の骨に繋がって歯を支える部分)を担当することになるのです。インプラントがぐらぐらしたら、交換してもらうといいでしょう。インプラントの交換にはどうしても時間がかかってしまいます。